引越しで肝心なのは家具の扱い

私が数年前に実家から一人暮らし用アパートに引越しをしたとき、大変だと感じたのはやはり家具の荷造りでした。 タンスや衣装ケースや食器棚などは、慎重に荷造りをしないと運ぶにとても手間取ってしまいます。 たとえば、引き出しがあるタイプの家具は、運んでいるときに引き出しが抜け落ちてしまわないように ガムテープなどでしっかり固定しておかなければなりませんでした。 1つ1つの作業は大したことありませんが、それでも丁寧にガムテープを貼っておかないと、 いざ引越しをするときに引き出しがはずれてしまうおそれがありますから、 しっかりとすべての引き出しをガムテープで貼りました。

また、家具が少しでも軽くなるように、中の物は一切合切出しておかなければなりませんでした。 家具というのは意外と何でもかんでも詰め込み気味になっていますから、それらをすべて出すのは大変でした。 しかし、家具の中に物が残っていればそれだけ重くなって運びにくくなってしまいますから、 そこは考慮しておかなければなりませんでした。 また、そもそも何の家具を持っていくのか?ということを決めておくのも大事です。 アパートでの一人暮らしならば必要最低限の荷物にしないと、部屋が狭くなってしまいますし、 いざ住んでから「要らない家具だったな」と後悔しても処分するには手間がかかってしまいます。

ですから、持っていく家具と持っていかない家具の選別には1番頭を使いました。 こうして、家具のことに気をつけながら引越しをしたので、そのときの引越しは家具に煩わされることなく、 気持ちの良い引越しができたと私は記憶しています。 https://www.sou-un.jp/

ページの先頭へ